六味ある人生を

六味ある人生を

基本五味は、甘味・塩味・酸味・苦味・旨味。

五味は「味蕾(みらい)」という味細胞の集合体で受容されますが、
味蕾(みらい)では、受容されない「辛味」も、料理の美味しさや、体のバランスを整える味の要素です。

誰しも生きていれば、
甘い思いもすれば、苦く、しょっぱく、すっぱく、辛い思いもする。
でも、それも、生きている旨味であり、
人間を形成する上での重要な経験です。

美味しいものを食べながら、 様々な経験をしながら、 五感を通して、 人生にも通じる、様々な味わいを生涯学んでいけたらいいなぁと思います。

味蕾(みらい)の細胞数は1万個弱しかないけれど、私達の未来には無限の可能性があるんです。

だから、「6味ある人生を」です。

関連記事