生業

私は、「食という字は、人を良くすると書く」と気づき、以来、「食」を見直したことをきっかけに人生がプラスに転じました。
そして、食べているものが、その人そのものを作り上げるんだと、身をもって確信しました。

また、生きていく上で、「あ(愛)い(命)う(運)え(縁)お(恩)」が大切だと思っています。
そんな「あいうえお」に、温かさ・意味・嬉しさ・笑顔・美味しいものを重ねた体想いの料理やお菓子や作れたらとずっと思い続けています。

それは、私が人の温もりと食べもので救われたからです。
「他人を生かすことで、自分も生かされる」と教わって以来、私が食べもので救われたように、食べものや大切な人への恩返しもかねて、
誰かに喜んでもらえることや社会貢献・親孝行が生き甲斐でもあり、使命でもあるのです。
それが私の使命でもあり、生き甲斐でもあり、単純に、誰かに喜んでもらえることが好きなんです。

便利で飽食の時代、且つ、医学の進歩にも関わらず、ストレス社会による体調不良を訴える人も多い昨今。
病を抱えず、心身共に健康である人間が日本を支えてこそ、日本も潤うはずです。
当たり前の毎日に、素直に幸せを感じ、美味しいものを美味しく食べられるイキイキした人間が集う「アイ(愛)ランド」にできたら本望です。